一人暮らしに最適な鍵【鍵紛失者が交換する鍵のタイプを紹介】

代表的な鍵のタイプ

ドアノブ

一人暮らし用の賃貸住宅でも、鍵のタイプは様々です。自宅がどのタイプの鍵なのかを把握するために、ここでは、賃貸住宅で多く採用されている鍵のタイプを紹介します。

鍵修理業者が対応している鍵のタイプ

ディスクシリンダー錠
現在、最も主流のタイプがディスクシリンダー錠です。一人暮らし用の賃貸住宅のほとんどが、ディスクシリンダー錠ですが、こちらはピッキングがしやすいために空き巣に狙われるリスクがあります。とてもシンプルな鍵ですが、防犯性は高くありません。
ディンプルシリンダー錠
ディンプシリンダー錠は、ディスクシリンダー錠と比較すると、圧倒的にピッキングが難しくなっているタイプの鍵です。そのため、鍵修理業者でも解錠するのに時間がかかります。鍵本体の形状は、表面に凸凹したくぼみがあることが特徴です。
ロータリーディスクタンブラー錠
日本ではまだ普及してないタイプの鍵ですが、ディスクシリンダーの性能を後継しており防犯性に優れている鍵です。タンブラーとロッキングバーが別々になっているために、スペアキーを作るもの難しいタイプです。

代表的な鍵のタイプを3つ紹介しました。しかし、上記以外にも沢山あるために、鍵修理業者と相談して決めてください。女性の一人暮らしに最適な鍵を提案してくれますし、スキルの高い職人ならどんな鍵でも対応してくれます。

トイレの鍵の故障にも対応してくれる

一般的な鍵修理業者は、鍵紛失だけでなく、住宅トラブルにも対応してくれます。例えば、多いのがトイレの鍵トラブルです。トイレの鍵が故障した場合だと、7,000円程度で修理してくれるでしょう。ロックが解除できない場合は、マイナスドライバーや小銭でも対処することが可能です。しかし、錠前が故障している場合や、ドアノブやレバーハンドルの固定ネジが緩んでいる場合でも、鍵修理業者は対応してくれます。鍵紛失時にまとめて依頼すると便利ですよ。

TOPボタン