一人暮らしの女性は防犯対策が重要

空き巣

近年は空き巣やストーカーが多発しているため、一人暮らしの女性は防犯対策をしなくてはいけません。防犯対策をする前に空き巣の手口を紹介します。

空き巣の手口

  • ピッキング
  • バンピング
  • サムターン回し
  • バイパス解錠
  • ドリリング
  • 鍵穴壊し
  • シリンダーもぎ取り
  • こじ破り

一人暮らしの女性が行なうべき1ドア2ロック

鍵紛失時は自宅の防犯性を高めるチャンスでもあります。簡単に防犯性を高める方法として、1ドア2ロックがあります。1ドア2ロックは、警視庁も推奨している防犯対策で、空き巣が最も敬遠する住宅にすることができます。上記のような空き巣の手口を使っても、1ドア2ロックでは、解錠までのかなりの時間がかかります。そのため、空き巣に狙われるリスクを軽減することができるでしょう。防犯意識が高いことをアピールできると共に、女性の一人暮らしでも安心して生活できます。

スマートキーなどのハイテク錠の鍵紛失にも対応可能

近年増えているスマートキーも鍵修理業者は対応してくれます。携帯しやすいことが特徴のスマートキーですが、意外と鍵紛失のリスクも高いことが特徴です。スマートキーを紛失してしまった際の費用も紹介します。

鍵修理・交換にかかる費用

スマートキーの修理や交換は、一般の鍵修理や交換よりも高額になります。スマートキーを解錠する費用は、安くても8,000円以上します。鍵交換に関しては、13,000円以上となっているため、鍵紛失してしまうと出費が大きくなります。

自動車の鍵紛失にも対応

イモビライザーを搭載した鍵は、電子チップのIDと自動車のIDを電子照合して、エンジンを始動させる仕組みです。イモビライザーを搭載している鍵は、とても難易度が高いのですが、研修を重ねて対応できるようにしている鍵修理業者も存在しています。鍵紛失時には、対応できるか確認してみてください。

TOPボタン